TERAOKA AUTODOOR
千蔵工業株式会社
    ニュース    会社概要    事業内容    採用情報    Link 
 
  TOP > 事業内容

事業内容

開発・設計
千蔵工業では、寺岡ブランドの自動ドア開閉装置の開発・設計を行っています。技術部は、自動ドアのエンジン・コントローラ・ハンガー及び関連商品を開発・設計しています。

特殊自動ドア
千蔵工業では一般建築用の自動ドアのほか、さまざまな特殊用途の自動ドアを設計・製造しています。諸施設のセキュリティゲート、テーマパークやシアターの一斉入退室用の自動ドア、病院の放射線遮蔽ドア、防火ドア、身障者用トイレ、ごみ処理場などです。

製造
千蔵工業では、寺岡ブランドの自動ドア開閉装置を高品質かつ低コストにするため、生産性アップに努力しております。

品質管理
千蔵工業では、自動ドア開閉装置を高品質でお客さまにご提供できるよう、製品の品質管理を徹底的に行っています。
新製品に関しては、発売前に耐久性を確認するため連続開閉試験、その他、社内規格に則った認定試験を実施してから出荷しています。
また、既存製品も、部品の受け入れ検査や、製造時の抜き取り検査などを実施し、安心してお使いできるように努めております。

環境事務局
千蔵工業では、1998年にISO14001を取得し、環境にやさしい企業活動を進めています。
具体的には、全社的な組織作りを行い、中核となる環境事務局の指導のもと、設計段階での省資源・省エネルギーへの配慮と、全部門での廃棄物削減・省エネルギー・有機溶剤の使用量削減などです。

輸出
千蔵工業では、寺岡ブランドの自動ドア開閉装置を海外13ヶ国に販売しております。

情報システム
千蔵工業では、以前から社内LANを構築してファイル・プリンタ共有と電子メールを利用してきました。インターネットの普及に対応して1998年より常時接続環境と独自ドメイン名を取得するなど、社内コンピュータのインターネット対応を進めております。
2007年、経済産業省関東経済産業局の平成19年度中小企業戦略的IT化促進事業として、共通XML/EDI基盤を活用した「サプライチェーンマネジメントシステム」の構築が採択されました。生産管理システムとして「Factory-ONE 電脳工場」を採用しました。

Valid XHTML 1.0 Transitional